無料でIELTS が勉強できる方法を紹介します。IELTS Cambridge 10 すべての問題がネットにありました!!

こんにちは、こちらのブログに来てくださってありがとうございます。

ILETSをがんばって勉強しています。

 

 IELTS を勉強するにの、お役立ちサイトを紹介します。

問題と解説が全部紹介されているサイトがありました!!

 

見てください!!

全部無料です。

なんか信じられませんが、本当です。

 

Cambride IELTS  10 test 1 

  1. Reading 
  2. Listeinig 
  3. Speaking 
  4. Writing 

全部見つけました

続きを読む

IELTS テキストブック(PDF)をダウンロードできました

IELTS テキストブック(PDF)をダウンロードできました

 

Cambridge IELTS 11 Academic Student's Book with Answers: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests)

 


その方法について紹介したいと思います。


海外にいるのでテキストを購入できないので、ダウンロードにチャレンジしました。
(アマゾンで購入できるけど、高いので悩んでいました)

 

いや本当によかったです。

  

続きを読む

QQ English でカランを勉強しています

カランを勉強して、
イギリス英語になれていきましょう!!

 

目次

 

1.レッスン中はテキストを決して見ない!

(基本は復習に使う)
レッスンの間はテキストは読まないようにしましょう。

読まないでそのセンテンスの状況がイメージできるようにして答えていくのがベストです。

 

私はセンテンスを全部、覚えることができなかったので時々テキストをチラ見していると講師の先生から違うところを答えてきて、あたふたしてしまうこともありました。

 

できるだけ、見ないようにして答えていきましょう。テキストを読んでいるとばれます。

 

考えながら、答えるとそのセンテンスが自分のものになっていきます!!

 

2.New work


先生が最初に単語を読むので、そのさい時は復唱をしていきます。
この時もテキストを読まないようにしていきましょう。

 

 

f:id:kaguraya2010:20170617050753j:plain

 

こんな感じで紹介されています。

 

www.callan.co.uk

 

3.通常の復習は7ページ


新ワークに進めなかった場合は、次回の授業では4ページの復習です。

 

4.1つのLesson が終わったタイミングでDictation


これも、今までは聞き取れないかった単語も英語の意味が分かってくると予測する力がついてきました。


思った以上にこのDictationは重要かなと思ったりします。聞き取っている間は必死に英語で聞き取るようにしているので、集中力が上がるし、正しい文法を頭の中で描きながら聞き取っているような気がします。

5.Reading


定期的に読み物が入ってきます。

Reading はすでに学習しているページからです。

 

 

6.復習が重要


カランメソッドの自習について、授業終了後、しっかりと声を出して音読して頂くことが効果的です。

その際は、教師が喋っているのをイメージしながら行い、できればセンテンスが口から自然に出てくるようになるまで音読を繰り返しましょう。

 

声に出して繰り返すことにより、英語を体で覚えていく。


また、分からなかった単語の意味、センテンスの確認等、予習よりも復習に力を入れて頂き、次回の授業のDaily revision(復習パート)では、前回の時よりも早くスムーズに回答できるよう心がけて頂ければと存じます。

 

予習はあえて行わずに受講するのが理想ですが、授業で講師からの質問が理解できないと学習効果が薄れてしまいますので、授業がどれくらい理解できているかというのを考慮しつつ、授業前に単語の意味を調べる等の予習を取り入れましょう。

 

 

 

カランメソッド QQ Englishで受けるカランについて検証してみました。 料金等、、

 

QQ English でCallan レッスンでは定評のあるスクールです。カランレッスン受けるためのスクール情報を分析してみました。


3年間続けて見て、感じたことを書いてみます。

 

 

1.講師

講師はたくさんいます。数えてたことはないですが、、。オンライン英会話だと土日なると急に減る講師も、ここではそれなりに数もそろっているので、休日の土日を英会話の勉強で過ごすことができます。

 

深夜帯でも25時までなら講師もたくさんいます。それ以降は急に減りますが、、、。

 要注意です。

 

 

 

 

2.料金

QQ English

料金 ですが、月会費でポイントを購入するか毎日レッスンが可能のプランの2つがあります。
後者のほうは一般の英会話オンラインと変わらないです。

 

ポイントを購入したほうが、お気に入りの先生のレッスンが受けれて、予約も毎日プランよりもとれるのでよいと思います。

 

ポイントを購入したほうが、お気に入りの先生のレッスンが受けれて、予約も毎日プランよりもとれるのでよいと思います。

 

どっちがお得かということ、毎日プランです。

 

しかし、お気に入りの先生とレッスンをうけれないので、そこが残念です。

 

f:id:kaguraya2010:20170617045950j:plain

表にしてみました。

 

f:id:kaguraya2010:20170617045951j:plain

 

3.ネット環境

日本にいたときはよかったのですが、海外にでるとあまりよくありません。

 

30分間、スカイプをつなげようとしたけど、つながらなかったということもありました。

 

4.予約の取りづらさ

カランレッスンの受けていてよい講師だなと思って、次も予約しようと思うとあっという間に予約がいっぱいで取れないということがあります。

 

5.質問の応対の速さ 

a.メール

営業日の1日以内、必ず返事がきます。講師がReading中にストレッチを始めるとか、ストレスが非常にすくないです、ちゃんと話しているのに返事をしてくれないとかの訴えもしっかり聞いてくれます。
けっこう、腹がたってかりかりしちゃうこともあるのですが、丁寧な日本的な対応してくれるます。
文字色

 

b.スカイプ

QQEnlgishにはスカイプの緊急用の電話番号もあるので、連絡できます。

 

6.海外のカラン

ネットで調べましたが、Callan は補助的な使い方で通っている人がほとんどのようです。
ネットを通じて、本校のレッスンを受けることはできるようにです。

ネットで口コミを見つけました。

 

 

 

海外からでも申し込めるIELTS について説明してきます♪

 

 

海外からでも申し込めるIELTS 申し込み方

そもそもILETSとは??

英国で生活や留学するのに学力を証明する試験ですね。

 

 

 

f:id:kaguraya2010:20170611051317j:plain

 

1.検索で国名とIELTSを入力


サイトが表示される、日時と場所を選択して申込を開始していきます。ちょっと時間はかかりますが、簡単にできます。

 

私はマラウイにいるのでマラウイで検索します♪

 

f:id:kaguraya2010:20170611051326j:plain

 

 

 

 

 

2.情報を入力します

 いつ受験できるのかが表示されます!

 

f:id:kaguraya2010:20170611051355j:plain

 

受験できる日時を選択します。

 

 

 

f:id:kaguraya2010:20170611051328j:plain

 

 

IDが必要なのですが私はパスポートを選択しました。

 

f:id:kaguraya2010:20170611051325j:plain

 

f:id:kaguraya2010:20170611051352j:plain

Apply page
Choose date
terms and conditions
 スクロールして次にいきます。
 Continue で次のページに続けていきましょう
 パスポートもここでアップします
クレジットカードの情報を入力して終了です

 

3.確認メールがきます

最後はこんな感じでメールがきます。

これをコピーして当日持っていけばいいのかなと思いますね。

 

f:id:kaguraya2010:20170611051350j:plain

 



私はカランが大好きです! カランメソッドをしてみて3年その効果についてまとめました

私はカランメソッドが好きなので長く続けています。

 

カランメソッドをしてみて3年その効果についてまとめました

 

イギリス主催の IELTS に効果的ですね。TOEFLはアメリカ英語なので、ちょっとリンクしないかもしれませんね。


目次

 

1.カランってなに?


「英語脳」(英語に対するパターン認識と処理スピード)を徹底して訓練する学習法です。カランメソッドのレッスンでは、先生の質問に対して生徒が瞬時に答えることを繰り返すのに加え、先生が通常より速く喋らなければならないという決まりがあります。

 

ネイティブが話すスピードが1分間に150~180単語であるのに対し、カランメメソッドコースの先生はあえて1分間に200~230単語のスピードで話します。実際、25分のレッスン中で5,000語もの単語を聞いたり話したりします。

 

この状況で生徒は常に先生の言葉に神経を集中せざるを得ず、また、先生のガイドにより強制的に瞬時に答えていくことで、母国語で翻訳するプロセスを強制的にストップさせます。

 

これによって無意識のうちに反射的に英語を返答できる「英語脳」を訓練します。「英語脳」が形成されることにより、自分の持っている「英語力」(語彙・熟語・文法など)へのアクセススピードが格段に向上します。特に「これまで英語の勉強は沢山したけれど、英語が話せない、話す自信がない・・・」と痛感している者には最適の学習法です。


「通常の4倍の速さ」というフレーズが独り歩きしているのではないかなという感じがします。

 


通常の4倍の速さで習得できるとよく広告に書かれていますが、これはイギリスのカランスクール本校で一定の訓練と試験を実施した結果なのでオンラインで実施にしている日本人に当てはまるかどうかはわかりませんが、私自身ある程度の効果はあると感じています。

 

 

2. カランメソッド 効果

(1) "英語を"英語で理解できる


レッスン中は休み暇がないぐらいどんどん英語ではなしかけてこられるので、日本語で考えている暇がありません!!「もし英語で授業を受けていたら、たぶんこんな感じなんだろうな」という気がします。これがいいかなと思います。

 

(2) 文章をそのまま覚えられる

 

英語は繰り返すほうがよいというので、記憶に定着しやすい。英会話を始めた頃って、センテンス(文)ではなく、単語やフレーズで答えてしまうことがよくあると思います。もちろん、ネイティブも単語やフレーズで返答することはあるので、必ずしも間違いというわけではないです。

 

(3) 文法が定着しやすい


センテンスを繰り返していくので、文法学習も一緒にできる。今では「なるべくセンテンスできちんと答える」ということを意識できているのは、カランメソッドで1年鍛えられたお陰だなと思います。

 

(3) British English

 IELTS に効果的ですね。TOEFLにはちょっとリンクしないかもしれませんね。

 

3. カランをはじめるタイミング

(1) きちんとした英語を話したい

適当に答えて通じる英語ではなく、文法通りの英語を話したい。基本を身につけていないと自然な英語は話せません。カランは基本のきのようなものと言えます。

 

(2)流暢に話せるようになりたい」

頭の中が英語で考える習慣がつくので、自然に話せるようになるなと感じています。

 

 

4. カランメソッド 気をつけたいこと

(1) できれば毎日続ける 

オンラインだとたった25分なので、朝起きたときにさっとするのがベストです。続けて行わないと忘れてしまうからです。

 

(2) 自分に合った先生を見つける

相性は大事です。きちんと答えているのに、何度も答えさせる先生とかいて(聞こえてなかったりします。ネット状況で。)腹が立つこともあります。

 

(3) 必ずフルセンテンスで答える

フルセンテンスで答えないとやり直しさせられます。

 

 

5.現在の進捗

 

Lesson 8まできました。

がんばって続けていこうかなと思います。

f:id:kaguraya2010:20170607190247j:plain